Idorsia Japanは、会社として企業のガバナンスに常に重きを置いて活動しています。高い信頼性を保持することで、 企業活動の透明性を確保いたします。

「Idorsiaビジネス行動規範(Idorsia Code of BusinessConduct)」は、私たちの企業文化の土台であり、私たちが企業価値を高める上で核となる倫理基準を定義しています。本規範に精通し遵守することが、すべてのIdorsia Japan従業員の責務です。

Idorsia Japanは、強固な企業ガバナンスと透明性を支える方針およびルールを積極的に確立しています。これらの方針およびルールは常に見直され、必要に応じて改善されています。

プライバシーおよびデータ保護

Idorsia Japanは個人情報を最重要視し、最高水準の倫理・規制基準を適用しています。私たちはプライバシーを尊重し、その個人情報の保護に努めています。Idorsia Japanのデータ保護方針の対象範囲は、被験者、医療従事者、顧客、納入業者、従業員の個人データすべてとなります。

ご提供いただいた個人情報や健康関連情報を保護するため、私たちは最先端の情報セキュリティ・プログラムを活用し、機密情報の保護や不正アクセスの検出に注力しています。

個人情報の共同利用について

イドルシア ファーマシューティカルズ ジャパン株式会社は、株式会社日本アルトマークが管理・運営するメディカルデータベース(MDB)の個人情報を特定の企業と共同して利用いたします。

共同して利用される個人データの項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的、個人データの管理について責任を有する者については、株式会社日本アルトマークのホームページをご覧ください。

汚職および贈収賄

私たちIdorsia Japanの方針は、「汚職・贈収賄防止に関する方針(Anti-Corruption and Anti-Bribery Policy)」に明確に記載されております。すなわち、私たちは汚職や贈収賄を一切許容せず、ビジネス上のあらゆる取引および関係において真摯に行動することをお約束します。

労働および人権

Idorsia Japanは、「世界人権宣言(Universal Declaration of Human Rights)」で提唱されている通り、従業員の権利を尊重しています。また、事業を行っているすべての国において労働、雇用、雇用関係を規定しているすべての関連法令、規則、規定を完全に遵守しています。

研究倫理

私たちIdorsiaJapanは、すべての研究活動において最高水準の倫理的、科学的、臨床的基準を維持し、国内および国際基準すべてに準拠するよう努めています。Idorsia Japanは研究方針を定期的に見直すことで、会社の戦略目標、ステークホルダーの価値観や目標との整合を図ります。

お問い合わせ先

コンプライアンス担当者