イドルシア本社CEOよりみなさまへ

イドルシアは、2018年3月で創立1周年を迎えました。その同じ月に、臨床と販売体制を有する日本法人を設立して運営を開始したばかりです。この日本法人は、イドルシアが世界で初めてスイス国外に設立した外国法人となります。


本社設立からわずか1年で日本法人設立を決断した理由は下記の通りです。

  • アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン社の創業者であり、日本で5つの薬剤を上市した田中諭氏をイドルシア ファーマシューティカルズ ジャパンの代表として迎えることができました。熱意あふれる田中氏が専門性の高い経験豊富なチームを率いることで、卓越したリーダーシップと手腕に期待できます。
  • イドルシアの革新的な開発パイプラインは、その多くが日本の研究者による発見を起源としています。くも膜下出血の患者さまへの評価をおこなったエンドセリン受容体拮抗薬「Clazosentan」を例にとっても、エンドセリンが発見された場所は日本でした。また柳沢正史教授が発見したオレキシンの受容体拮抗薬も睡眠障害治療薬として評価されています。日本とイドルシアの深い縁が、法人を設立した理由のひとつです。
  • イドルシアが発見して開発している薬剤の多くが、日本における臨床ニーズの高い重要な疾患(ファブリー病、全身性エリテマトーデス、抵抗性高血圧など)を対象としています。

イドルシア ファーマシューティカルズ ジャパンは、全社一丸となって臨床開発と薬剤の上市に取り組みます。そして患者さまや医療従事者のみなさまに、1日も早く革新的な医薬品を届ける努力を続けてまいります。

イドルシア最高経営責任者(CEO)

ジョン ポール クロゼール