Idorsiaが開発中の化合物は様々な疾患をターゲットとしています。

動脈瘤性くも膜下出血に伴う脳血管攣縮

動脈瘤性くも膜下出血に伴う脳血管攣縮

動脈瘤性くも膜下出血(aSAH)は、くも膜下腔で突然発生する生命を脅かす出血です。aSAH患者の約3分の1において、遅発性脳血管攣縮により病状の悪化が起こる場合があります。

ファブリー病

ファブリー病

ファブリー病は細胞内の脂肪性廃棄物を分解する酵素が欠乏または機能不全に陥る遺伝性の希少疾病です。

睡眠障害

睡眠障害

睡眠障害は、不満足な睡眠とそれに伴う日中の身体機能に与える悪影響が併存する疾患と定義されます。睡眠障害は世界的にも最も頻繁に報告される障害のひとつです。

治療抵抗性高血圧の管理

治療抵抗性高血圧の管理

治療抵抗性高血圧は、心血管疾患の高いリスクを伴う疾患です。また、治療抵抗性高血圧患者は、しばしば糖尿病の病歴があり、高血圧の合併症として慢性腎疾患を発症する可能性があるため、結果的に治療の脆弱性および複雑性を増大させます。

全身性エリテマトーデス

全身性エリテマトーデス

全身性エリテマトーデス(SLE)は、最も一般的な狼瘡の発現形態で、皮膚、関節、腎臓、脳、その他の臓器に影響を及ぼす可能性のある自己免疫疾患です。